21日(水) 午前中は接ぎ木の実技講習会

 一年の始まりは接ぎ木作業、貴重な品種を受け継ぐために大事な作業です、その練習をするために開かれました。
 バラ文化研究所の理事長より「少しでも活着率を上げるために皆さん真剣に取り組んでください」とのお言葉、少し緊張気味に一通りの工程を担当ごとに行いました。

 午後は人数がだいぶ減ってしまったけど、堆肥のマルチの追加分と誘引作業をしました。
DSC_8357
 オールドローズ園の一角、暴れん坊のつるバラには多きめの実が付いていました、これらはぜーんぶ切り取り、一度スクリーンから外して枝を整理してから誘引します、接ぎ木作業が終わったらひたすらこの誘引作業です、楽しみしかない!! が、その前に接ぎ木、頑張らねば
ひとまず、お疲れさまでした。